スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡の牡蠣

(この記事は2014年12月下旬に書かれたものです。)

ここ数日、寒波の影響で佐渡汽船の欠航が続きました。ようやく風もおさまり、通常通り就航をはじめたようです。

厳しい寒さが続いていますが、寒ブリや牡蠣、カニなど冬の間にしか食べられなかったり、寒さにあたって
よりおいしくなった食材が味わえる季節になりました。

今回は、牡蠣のお店のご案内をしたいと思います。


●あきつ丸
加茂湖(両津港のすぐそばにあり、淡水に海水が混ざり合っています。新潟県で一番大きな湖です。)で養殖された牡蠣が、湖のそばで振舞われます。牡蠣飯・殻付きどて焼き・牡蠣フライなどなど、牡蠣づくしのコースメニューで、費用のほうは、おひとり3千円くらいからとのことです。事前にお申し込みが必要です。
電話:090-2566-3420

●佐渡カキのがんがん焼き
http://www.sadokaki.com/
真野湾に面して相川よりにある沢根漁港で、養殖した牡蠣を販売しています。海水で育った牡蠣です。インターネットでお取り寄せすることもできるそうです。


●その他、シーズン中は、島内のスーパーにも剥き身の牡蠣(もちろん佐渡産)が並びますし、島内の一般のレストランや食堂でも牡蠣の釜飯や牡蠣フライなど、牡蠣メニューを提供するお店があります。海のミルクとも形容されることの多い牡蠣、ミネラルが豊富で栄養価も高いそうです。機会があればぜひお試しください。



(この記事は2014年12月下旬に書かれました。2015年、年が明けてからは、佐渡の冬にしては、比較的穏やかな天候が続いています。)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

佐渡島から、おけささんです。

Author:佐渡島から、おけささんです。
正式には「おけさ観光タクシー」といいますが、最近「おけささん」と呼んでいただくことが増えました。三ツ星ドライバーの中川千春さん(写真)や乗務員さんたちと一緒におけささんちのみんなで佐渡から島の話題をお届けしたいと思います。

SOINONのサービスです
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。