スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の佐渡 岩首棚田ツアー

2011年12月、新潟県と佐渡観光協会様の企画により「佐渡CSRモニターツアー」が実施され、首都圏の企業関係者の皆様が参加されました。

 地元のお米やお酒の生産者と直接話をしたり、実際に生産地や生産現場をご覧になったり、佐渡の「食」をそれらを生み出すベースとなる自然や文化と一緒にまるごと体験していただく貴重な機会となりました。

 島の各地域でお米が栽培されていますが、今回は、東海岸に位置する岩首という集落の棚田を中心に見学されました。 世界農業遺産と棚田について、地域の世話役、大石惣一郎様からお話を伺いました。

 岩首集落は、商業化や観光地化があまりすすんでおらず、海や里山の静かで落ち着いた雰囲気を味わえます。途中、集落にある養老の滝も見学しました。
岩首 棚田養老の滝 入り口の門


 お客様のなかには、銀座の料理屋さんがいらして、棚田米(パンの材料にする米粉)をお求めでした。いつか岩首の米粉パンが銀座に並ぶようになるのかと楽しみです。

 このツアーでは岩首の他、正明寺(しょうみょうじ)の農業生産法人を訪ねたり、「トキのたんぼを守る会」の斉藤様からもじっくりお話をうかがう時間がありました。佐渡では数年前にトキが野生に放たれ、人との共生が課題になっています。そのため、トキや生物多様性に配慮した農法への取組が促進されています。道すがらの集落で7羽のトキに遭遇しご覧いただくことができました。

 そして、お米といえば、お酒。冬はお酒のしこみの季節です。島には佐渡のお米と水で醸造するおいしい酒蔵がいくつもあります。今回はそのうち北雪酒造さんと尾畑酒造さんでしこみの様子をじっくり見学されました。

 お米のほかには、新穂の佐渡特選市場にて、砂金とりで有名な佐渡西三川(にしみかわ)のりんごなど地元の野菜や果物の市場に立ち寄られました。

 ちょうど寒ブリが水揚げの時期でもあり、食堂でもお宿でもオンシーズンとはまた一味違う、冬ならではの佐渡を楽しんで頂けたのではないかと思います。


 写真と報告:中川(正) 
 

テーマ : 佐渡の魅力 - ジャンル : 地域情報

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

佐渡島から、おけささんです。

Author:佐渡島から、おけささんです。
正式には「おけさ観光タクシー」といいますが、最近「おけささん」と呼んでいただくことが増えました。三ツ星ドライバーの中川千春さん(写真)や乗務員さんたちと一緒におけささんちのみんなで佐渡から島の話題をお届けしたいと思います。

SOINONのサービスです
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。