FC2ブログ

佐渡の竹芸 (1) 

  竹はイネ科の植物で主に温かい地方の植物で日本には600種類ほどが在るといわれています。殊に、佐渡ヶ島はその中でも真竹(マダケ)と呼ばれる種類の北限として特に有名で新潟県内の3分の2の竹林が佐渡に有すると言われています。また、新潟と佐渡の間に対馬海流がありその影響で新潟に対岸を面した小木町、羽茂町、松ヶ崎、岩首は気候も温暖で特に南に面した斜面は日当たりがよく、風当たりがやさしく、素直で節の伸びやかな竹が育つと言われ、殊に、北限としての寒さにも耐えたここ佐渡の真竹(マダケ)は強靭な竹であると古くから珍重されています。その証拠に、かの東京オリンピックの棒高跳び競技に使われた竹棒は佐渡島産の真竹(マダケ)だったと言います。
  そして、その上質な佐渡島の真竹(マダケ)を素材として、竹林から切り出し→油抜き→晒し(さらし)→割り込み・巾・厚みを刃物に掛けて材料を作り→編み込み→籐を巻く→フチ巻き→塗装仕上げまで全て手作業で心を込めて製作している本物の逸品です。

本間工芸ホームページから抜粋 



竹芸作家 本間秀明さん

続きを読む »

スポンサーサイト



天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

佐渡島から、おけささんです。

Author:佐渡島から、おけささんです。
正式には「おけさ観光タクシー」といいますが、最近「おけささん」と呼んでいただくことが増えました。三ツ星ドライバーの中川千春さん(写真)や乗務員さんたちと一緒におけささんちのみんなで佐渡から島の話題をお届けしたいと思います。

SOINONのサービスです
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ